あの二郎新潟にもある!!何故か癖になりそうな味。。。

150x150_square_44277096

 

「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である」という名言さえ生まれている二郎。

開店初日は100人限定だったので、入れませんでしたが、2日目に訪問出来ました。

平日の夕方、外に10名程の行列。
店内も椅子に10名程の列が。
合計30分程待って入店。

ラーメン小 ぶた入り(小豚)を注文。

15分程して、着丼。
にんにく入りです!

肉の量凄い!
こんなに食べられないかも…
どうしよう…

スープを飲んでみると、「濃厚!」

麺は、「ゴムみたい…」(あまり良い表現ではありませんが)

…と、正直あまり美味しいとは感じませんでした。

ただ、何故か癖になりそうな味です。
中毒性があります。

ギブアップしそうになりながらも、なんとか完食。

完食直後はもういいと思いながらも、こうして思い出すとまた食べたくなってしまう、不思議な食べ物です。

最新情報をチェックしよう!