未訪問二郎の一つであった「ラーメン二郎 仙台店」を訪問。

150x150_square_42900640

 

たまたま東北地方を訪問する事になり、未訪問二郎の一つであった「ラーメン二郎 仙台店」を訪問。

14時頃に到着で、待ちは20人程。

仙台店は非常に並ぶと噂に聞いていたので、思ったより待ち人数が少なくて安心した。

こちらのお店は先に食券を購入して並ぶ。

小ラーメン(690円)を購入。

30分程で入店出来、「ニンニク入れますか?」に対しては、「お願いします」と返答。

接客態度は二郎にしては結構いい感じ。

ただ、やっぱり店内は狭い。

仙台二郎は強い乳化度合いが特徴。

仙台二郎の店主は新小金井街道店で修行されていたそうで、それで多摩系(強い乳化を特徴とする二郎の系統) の影響を受けているのだろう。

乳化が強いので、口当たりは良い。

しかし、味が薄いわけではなく、肉の旨味が強く感じられる。

塩分濃度もそれなりに高いのではないだろうか。

この辺りは東北の味付けを意識しているのかもしれない。

それでも刺激が欲しい人は卓上の胡椒や醤油タレを追加すると良いだろう。

麺は二郎の中でも柔らかめ。

もちもちしている。

つるつるといけてしまうので、そんなに食べるのに苦労する印象はない。

豚は非常に柔らかく、食べるとほぐれるもの。

夢中で食べていたらなくなってしまった。

野菜はキャベツ:モヤシ=3:7程度でキャベツが多め。

ちょっと茹で過ぎかもしれない。

野菜コールなしでも量はそこそこ。

スープがかなり強いので、野菜増ししても案外ちょうど味になるかもしれない。

ニンニクの味はそれほど強くないものだった。

その代わり量が多め。

長い行列が出来ているのも納得の高いクオリティの二郎だった。

また仙台に来ることがあれば再訪したい二郎である。

ごちそうさまでした。

最新情報をチェックしよう!