画像の説明文

札幌に出来た本家二郎に意を決して挑戦です!

150x150_square_40613633

 

 

札幌に出来た本家二郎に意を決して挑戦です!

小豚(通常ラーメンの2倍以上、豚5枚)に挑む気満々ながら、事前情報でビビり、今回は様子見で通常の小(700円)にしました。

食券購入直後は「やっぱり豚マシでいけばよかったか…」との思いも拭いきれませんでした。

因みに今回は何も足さず、デフォルトでの注文です。

隣の女性が、大つけ麺を辛い表情を見せることなく食べ進める姿に、この店のハードルの高さを実感。

いよいよいよ着丼。

見た目は事前に見てきた写真通りで特段驚くこともなし。

むしろ、「これは問題なく完食いけるべ‼︎」という強気な心持ちの中、食べ始めます。

デフォルトでも相当スープは濃いめです。

たっぷりの豚のエキスが詰まったスープは相当な塩分濃度。

未熟な私には完飲は無理…

スープをすすることも厳しい感じですが、蓮華がないのが二郎の特徴の一つ!

ただただ麺と野菜、豚に挑みます。

豚はその名の通り、チャーシューとは似て非なるもの。

まさに「豚」そのもの。

これでご飯を食べたいと思ってしまう程のボリュームです。

普段のラーメンではチャーシューは後半まで手をつけずに取っておくことが多いのですが、このボリュームでは後半に残しておくと美味しく味わう余裕がなさそうなので、序盤にやっつけますww

野菜はもやしとキャベツですが、思ったよりもキャベツの割合が高いです。

うどんに近い極太麺は、食べ始めと後半で表情も食感も変わります。

同じ一杯で2種類の麺が楽しめる感じです。

麺とスープの温度が下がったことで塩分が顕在化してくる後半はいきなり塩気を感じます。

お腹もどんどん膨れ、あと少しというところで無念のギブアップ…

もう少し若ければ完食出来たはずですが…

すみません。

ちなみに夜まで空腹感はやって来ず、無理矢理夕食を食べました。

情けないったら…

食べた直後は、再訪は無いかな…と思っていましたが、この口コミを書きながら、再訪意欲が湧いてきている自分がいます。

コンディションを整えて、いつの日かリベンジしたいです。

中毒者が多数いるのも頷ける、癖になる一杯でした。

ご馳走様でした。

最新情報をチェックしよう!